よくわかる分析化学のすべて

項目内容
表題 よくわかる分析化学のすべて
発行日 平成13年10月25日
形態 単行本
ページ数 A6版 220ページ
著者 社団法人・日本分析機器工業会
発行元 日刊工業新聞社
概要  これから、分析業務に携わろうという方や、分析化学を学んでいて、今ひとつ身近に感じられない方等にもお勧めの機器による分析についての入門書。
分析機器による分析化学の方法について平易に解説。電気分析、光分析、分離分析、X線分析という観点で概要を記載し、これらが使用されている身近の事例を5例、紹介。最後に分析を行うときに重要な精度管理について紹介している。
目次
第1章 分析化学のメカニズムと機器分析
  1-1 分析のメカニズム
1-2 電気分析とその応用
1-3 光分析とその応用
1-4 分離分析とその応用
1-5 X線分析とその応用
第2章 活躍する分析機器
  2-1 古き時代を探る(考古学と分析計)
2-2 空に浮かぶ水銀計
2-3 科学捜査に活躍する分析計
2-4 シックハウス症候群の謎をおう
2-5 プラスチックリサイクルを行うために
第3章 データの管理と精度管理
  3-1 データの管理と精度管理
3-2 真の値は得られるのか
3-3 化学分析はその他の測定と異なるか
3-4 用語は整合されたか
3-5 信頼性の要素にはどのようなものがあるか
3-6 測定値の不確かさ
【付録1】:分析手法又は分析機器の欧文略語
【付録2】:SI単位,10の整数乗を表す接頭語及び換算表
販価 本体1,800円 + 税 (書店にてご購入ください)