JAIMAについて

分類基準

小分類基準(520KB)

大分類 中分類 解説
A.用手法 A.なし 大分類のB~Zに示された分析装置を用いない測定(簡易測定キットを含む)
B.臨床化学自動分析装置 A.フロー方式 試料並びに試薬をチューブに流し、この間に化学反応を進行させるように構成された自動分析装置
B.ディスクリート方式 試料を個別の容器中で反応させるように構成された自動分析装置(除く遠心方式)
C.遠心方式 試薬、検体の混合を遠心力によって行うよう構成された自動分析装置
D.ドライケミストリー方式 シート式で、試料を直接フィルムに置くことにより反応を開始させるよう構成された自動分析装置
E.パック方式 袋などの容器中に試薬が用意されており、試料を加えることにより容器中で反応を進行させ直接分析するよう構成された自動分析装置
Z.その他の方式 中分類のA~Eに該当しない自動分析装置
C.医用分光光度計 A.なし サンプラーあるいは吸引装置、フローセルなどを備え、臨床検査用に構成された分光光度計
D.電解質測定装置 A.炎光方式 炎光法により電解質成分を分析する専用分析装置
B.電極方式 電極法により電解質成分を分析する専用分析装置
C.ドライケミストリー方式 シート式で、試料を直接フィルムに置くことにより電解質成分を分析する専用分析装置
Z.その他の方式 炎光法、電極法以外の方法により電解質成分を分析する専用分析装置
E.電気泳動装置 A.全自動電気泳動装置(蛋白分画) 電気泳動により蛋白の分画を全自動で測定する装置
B.デンシトメータ 染色後の蛋白分画の定量を光学的に測定する装置
Z.その他の電気泳動装置 中分類のA,Bに該当しない電気泳動装置
F.免疫血清検査装置 A.ラテックス免疫測定装置 ラテックス粒子をマーカーとして使用する免疫反応測定装置
B.免疫比濁測定装置 濁りの散乱光による免疫散乱測定装置(ネフェロメトリ法を含む)
C.ラジオイムノアッセイ装置 RIを使用して免疫抗原等を検査する装置
D.酵素免疫測定装置 酵素をマーカとして使用する免疫反応測定装置
E.発光免疫測定装置 化学発光測定による免疫反応測定装置
F.蛍光免疫測定装置 蛍光測定による免疫反応測定装置
G.電気化学発光免疫測定装置 電気化学発光測定による免疫反応測定装置
H.フリーラジカル免疫測定装置 フリーラジカル測定により免疫反応測定装置
Z.その他の免疫血清検査装置 中分類のA~Hに該当しない免疫血清検査装置
G.専用臨床化学分析装置 A.グルコース分析装置 特定の化学物質を測定する専用装置で、グルコースを測定するもの
B.HbA1c測定装置 特定の化学物質を分析する専用装置で、HbA1cを分析するもの
Z.その他の専用臨床化学分析装置 中分類のA,Bに該当しない専用臨床化学分析装置
H.血液ガス分析装置 A.なし 血液中の酸素、炭酸ガス分圧およびpHを測定する装置
J.血球計数装置 A.全自動 B.半自動 各種血球の計数装置
K.血液凝固分析装置 A.全自動 B.半自動 血液、血漿の凝固能検査及び凝固因子の分析を行う装置
L.尿検査装置 A.全自動 B.半自動 尿の化学分析、検査を行う装置
M.微生物検査装置 A.なし 検体中の微生物の分類および同定を行う装置
N.輸血検査装置 A.全自動 B.半自動 血液型の判定および交差適合試験を行う装置
P.赤血球沈降速度測定装置 A.全自動 B.半自動 赤血球の沈降速度を測定する装置
Q.遺伝子検査装置 A.全自動 B.半自動 遺伝子の型、SNPsなどの検査を行う装置

Z.その他の
臨床検査用分析装置

Z.その他 大分類のB~Qに該当しない臨床検査用測定装置