JAIMAについて

事業計画書

平成28年度事業計画(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)

平成28年4月1日から平成29年3月31日までの期間において実施する一般社団法人日本分析機器工業会の事業計画の概要は以下のとおりです。

I.工業会基本方針

  1. 委員会事業の連携強化と成果の還元
  2. 国内外の諸団体とのグローバルな連携強化
  3. 情報の受発信の充実
  4. JASISのさらなる飛躍
  5. 会員各社の連携によるソリューション提供

II.平成28年度事業計画の重点ポイント

1. 「技術力向上」に向けた産学官連携の強化

工業会として、新しい時代の要請に応えうる最先端機器・関連製品を開発、製造し提供することを支援するため、関係省庁、公的機関、 大学及び産業界の連携による産学官ネットワークをより確固たるものにする必要がある。このため、関係機関との連携をさらに深化させていく事業を盛り込むこと。

2.グローバル化の更なる推進をはかる

JAIMA のグローバル化のために、JASISのグローバル化、情報の受発信のグローバル化など各委員会が有機的に連携して施策を立案し、従来事業の見直しを図ること。 また、これまで築いてきたALDA-EUROM II-JAIMA との関係を始め、アジアの友好団体との連携も強化発展させ、相互にメリットのある活動を盛り込むこと。

3.情報の受発信の充実をはかる

国等への政策提言を進めるとともに、その施策や規制、税制、新しい技術などの情報をいち早く会員企業へ提供すること。工業会統計の更なる充実を図り、会員企業の事業発展に資する的確な情報を提供をする こと。

工業会の活動を海外に向けて発信することにより、国際的なプレゼンスを高めるとともに、ホームページなどの広報関係の充実を図り、情報の受発信をタイムリーに行う事業を盛り込むこと。

4.JASIS の更なる発展をはかる

JASIS の成長に向けた施策をJASIS 委員会、JASIS 中期戦略検討特別委員会そして関連委員会が連携して検討・展開していくこと。JASISの新成長分野として位置づける特別企画「ライフサイエンスイノベーションゾーン」やテーマ別新技術説明会としての新企画「オープンソリューションフォーラム (OSF)」などの取り組みを含め、JASISの更なる発展を目指す業を盛り込むこと。

5.会員各社の連携によるソリューション提供の強化

広範囲な分野で展開されている分析技術のニーズや課題、そして近未来市場を的確に捉え、会員企業が協力してユーザーへのソリューションを提供する取り組みを強化すること。

平成28年度事業計画 (320KB)

平成28年度収支予算 (133KB)

過去データ

事業計画

収支予算