JAIMAについて

ご挨拶

会長 中本 晃
会長 中本 晃

一般社団法人 日本分析機器工業会(Japan Analytical Instruments Manufacturers' Association:JAIMA)は、分析機器に関する技術の向上と分析機器産業の高度化を通じて、科学技術の発展を図り、日本経済の発展と国民の文化的生活向上に寄与することを目的として、1960年に設立され、2020年8月に設立60周年を迎えました。

このような長きにわたって活動を続けてこられましたのも、分析機器・医療機器ユーザーの皆様、会員各社、関係省庁・学会・団体の皆様のご理解とご支援があってのことと厚く御礼申し上げます。

2020年は、新型コロナウイルス感染症が世界中に広がり、人々の生活や経済活動に甚大な影響を与えた年でした。未だに収束はしていませんが、この感染症に罹患された皆様にはお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

一方、コロナ禍の中で、生活様式や働き方が大きく変わり、様々な分野でデジタル化が急速に進むなど、社会全体が大きく変わっていく様相を呈しています。

JAIMA は分析機器・医療機器等の改善・高度化に邁進する会員企業の支援を通じて、常に人々が安心・安全に豊かな生活ができる社会の実現に貢献できるように引続き努めてまいります。

さて、JAIMA の主たる事業の最先端科学・分析システム&ソリューション展 JASIS ですが、昨年11月に開催した JASIS 2020 は、3日間の幕張メッセ等でのリアル開催と共に、バーチャル展示場として JASIS WebExpo®2020-2021 を2021年3月まで開催し、ハイブリッド展示会としてご好評をいただきました。2021 年のJASIS は、延期となった東京オリンピック・パラリンピックの競技の一部が幕張メッセで行われるため、会期を11月8~10日として開催する予定です。一層充実した JASIS となるようにして、多くの方々にご来場いただけるよう万全を期す所存ですので、よろしくお願い申し上げます。

コロナ後のニューノーマルな世界においても、工業会として新たな飛躍が出来る様に努めてまいりますので、引続き皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。