JAIMAについて

事業報告書

2019年度事業報告(2019年4月1日から2020年3月31日まで)

2019年4月1日から2020年3月31日までの期間において実施した一般社団法人日本分析機器工業会の事業の概要は以下のとおりです。

2019年度において行った事業の概要

1. 分析機器に関する調査および研究
  • (1) 分析機器海外技術動向、環境関連技術動向調査(技術委員会、環境委員会)
  • (2) 主要労働条件に関する調査・研究 (労務委員会)
  • (3) 知的財産権の管理推進に関する調査研究 (知的財産委員会)
  • (4) 分析機器の海外市場動向調査 (国際委員会)
  • (5) 分析機器工業に関する調査 (統計委員会、事務局)
    • ・分析機器工業の経営実態調査 (事務局、正・賛助会員悉皆調査、年1回)
    • ・分析機器の生産・輸出入動向調査 (統計委員会・事務局、正・賛助会員対象、四半期)
2. 分析機器に関する情報収集および提供
  • (1) 分析機器の手引きの発行および頒布 (技術委員会)
  • (2) 環境分析関連資料の情報収集および会員への情報提供 (環境委員会)
  • (3) 分析機器に係る欧州規制等関連情報(RoHS、REACH、WEEE、ErP 等)の収集および会員への情報提供 (環境委員会)
  • (4) 人事・労務管理上の課題に関する情報交換会の実施 (労務委員会)
  • (5) 知的財産権の管理推進に関する会員企業相互の情報交換会の開催 (知的財産委員会)
  • (6) 輸出管理に関する情報収集および会員への情報提供 (国際委員会)
  • (7) 海外規制、国内薬機法の動向に関する情報収集および会員への発信 (医療機器委員会)
  • (8) 会員向け会報誌 JAIMA Season 発行 (広報委員会)
  • (9) JAIMA Web サイトによる各種行政情報等の会員への情報発信 (広報委員会、事務局)
3. 分析機器に関する規格、基準の策定および標準化の推進
  • (1) JIS K 0115 吸光光度分析通則の改正原案作成(環境委員会)
  • (2) 経済産業省平成31年度産業標準化推進事業委託(戦略的国際標準化加速事業:政府戦略分野に係る国際標準開発活動)による国際標準化活動実施(環境委員会)
  • (3) 公益社団法人 日本医師会等実施の外部精度管理調査事業への支援 (医療機器委員会)
  • (4) 体外診断用医療機器の安全に関するIEC規格の普及およびJIS化 (医療機器委員会)
4.分析機器に関する展示会の開催等
  • (1) JASIS 2019を(一社)日本科学機器協会(JSIA)と共同開催 (展示会委員会)
  • (2) 新技術説明会、JASISコンファレンスの開催 (展示会委員会、技術委員会)
  • (3) JASIS WebExpo 2019 開催、JASIS Web Expo 2020-2021 開催準備
  • (4)「JASIS 2020」(第9回) の開催準備 (展示会委員会)
5.分析機器に関する講演会等の開催
  • (1) 環境規制・標準化関連講演会の開催 (環境委員会)
  • (2) 労務・人事担当者に対するセミナー開催 (労務委員会)
  • (3) 知財管理関連セミナー開催 (知的財産委員会)
  • (4) 医療機器業公正取引競争規約インストラクター養成研修の実施 (医療機器委員会)
  • (5) 「ライフサイエンス・イノベーションセミナー」開催 (ライフサイエンス市場研究会、展示会委員会、医療機器委員会)
6. 分析機器に関する内外関係機関との交流および協力
  • (1)政府関係機関への協力
    • 1) 薬機法、安全保障貿易管理令、環境規制関係法令、計量法等分析機器に関連する法令の施行および関連する行政施策への協力並びに当該改正等の当業界への影響調査、関連情報の会員への情報提供 (各委員会、事務局)
    • 2) 工業会作成統計等の経済産業省への提供、Web による一般への提供 (統計委員会、事務局)
    • 3) 特許庁審査官との情報交換(知的財産委員会)
    • 4) 経済産業省と協力し「安全保障貿易管理説明会」開催 (国際委員会)
    • 5) 医療機器業公正取引協議会日本分析機器工業会支部を通じ医療機器の公正取引に関する指導、相談、普及活動実施 (医療機器委員会)
    • 6) 行政に係る調査、情報発信協力、中小企業関連税制に係る証明書の発行等行政協力 (事務局)
  • (2)海外機関との交流および協力
    • 1) Pittcon、ETC(米国創薬ベンチャー企業のコンソーシアム)との連携(企画戦略会議、ライフ サイエンス市場研究会国際委員会、展示会委員会、技術委員会)
    • 2) JASIS併催の国際コンファレンスの企画運営 (技術委員会、国際委員会)
    • 3) ALDA 等海外関連諸団体との交流活動の推進と連携強化 (国際委員会)
    • 4) ALDA、EuromⅡ等と受注統計データの交換、会員への提供 (統計委員会)
    • 5) GDA(海外 IVD 工業会とのアラインス) への参加、交流(医療機器委員会)
  • (3)その他機関との交流
    • 1) (一社)医療機器産業連合会の活動に参画し、工業会の意見の行政への反映を図るほか、薬機法や欧州指令等に関し会員への情報提供、調査等の実施 (医療機器委員会)
    • 2) 体外診断用医療機器に関する(一社)日本臨床検査薬協会と連携による「IVD-MDの地位向上WG」活動の実施 (企画戦略会議、医療機器委員会)
7.その他本会の目的を達成するために必要な事業
  • (1) 高校生向けサマーサイエンススクールの開催 (技術委員会)
  • (2) 大学院における素材機器分析評価講座開催 (技術委員会)
  • (3) JASIS関連情報、セミナー情報、社会性・公共性のあるJAIMA活動状況のタイムリーな発信 (広報委員会)
  • (4) 当工業会に関係する団体主催展示会等への後援・協賛名義等の使用承認 (事務局)
  • (5) 分析機器に関する国内および輸出向け団体PL保険制度の実施(事務局)
  • (6) 顕彰等に関する事業(事務局)
    • ・国、公共機関、団体等が行う表彰制度等の会員への紹介等
    • ・公益社団法人日本分析化学会先端分析技術 JAIMA 機器開発賞への協力
  • (7) 工業会の紹介冊子『工業会案内』(和英)および『入会のご案内』の作成(広報委員会、事務局)

2019年度事業報告(576KB)

2019年度会計書類(90KB)

過去データ

事業報告書

収支報告書