ニュース&イベント

書籍「科学と産業を支えた分析機器・科学機器遺産」発刊 ―いかにして技術基盤は築かれたか―

一般社団法人日本分析機器工業会会(JAIMA、所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:栗原 権右衛門/日本電子株式会社 代表取締役社長)と、一般社団法人日本科学機器協会(JSIA、所在地:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-8-5、会長:矢澤 英人/株式会社ダルトン取締役会長)は、日本国民の生活・経済・教育・文化に貢献した貴重な分析技術/分析機器や科学機器を、文化的遺産として後世に伝えることを目的に、2012 年から「分析機器・科学機器遺産」認定事業を始め、2016 年までの5 回にわたり実施いたしました。

今回は、五年間に認定した全77 件の分析機器・科学機器遺産を詳しく解説、新たに有識者による寄稿文を加え、日本の産業と業界との関り及び遺産を通じた業界の歴史と意義を学べる書籍とするべく編纂に取り組みました。

このたび、JAIMA とJSIA は、本書籍をJASIS 2017 開催にあわせて発刊する運びとなりました。

詳細

書籍「科学と産業を支えた分析機器・科学機器遺産」発刊 ―いかにして技術基盤は築かれたか―(PDF:191KB)